長いトンネルを抜けるとBLであったのだ ~上野動物園編~ vol.04 ホムペ限定週一連載! マルヤマ木目とBL追求オールドキュメント企画!! 総天然色!総勢数名でお送りいたします。。。

掲載一覧






【コメント】: ゴリラって、まぁ、ごついじゃないですか。
そのままいけばいいと思うんですよね、名前も。
ピーコってことはないと思うんですよ。 ゴリラの名誉的には、やはり「山つぶし」とか、
「筋肉トラクター」とか、「セメントかじり」とかが理不尽チックでいいんじゃないんですかね。
あと、名前をつけないとかもいいと思いますね。 ゴリラはゴリラなんですから。
そんなこといってしまうと、上野編の締めに影響してしまいますが(理由はまだいえません)。
名前をつけるのは、「チョコレート」に「花子」とかつけてしまうことと同じかもしれませんよ。
当人達には別の種分けがあるはずですから。
カワウソは別として動物達は基本的にのろかったですね。 そんでなんだか、連れの3人ものろまでね。 ようはアホなんですわ。 皿に残ったメカブみたいに間抜けなんですわ。 机の引き出しを取ると両脇から出てくる変なローラーのようにとぼけた奴らなんですわ。 俺がふらふらしてるんじゃなくて、奴らが、3歩進んで4歩下がってるんですね。 動物園なんか基本的にチラ見で見るもんですよ。 うっすらとした記憶でいいんですよ。子供のときに見た動物園の記憶って、「動物を見た」とかぐらいですよね、細かいニュアンスは、はしょられてしまうもんです。
 あと、意外に売店の記憶とかトイレ探す記憶だったりしてね。 動物園の楽しみ方が単に「見る」だからいけないんじゃないかと思うわけですよ。 やっぱり動物と共に何かをするとかがいいんだと思いますよ。 共にえさを奪い合うとか、共にメスを奪い合うとか、共に殺しあうとか。 共に商売を始めるなんてのも相手のビジネス感覚がわかっていいんではないでしょうか。。 
  • マルヤマ木目漫画ホームページ限定週一連載
長いトンネルを抜けるとBLであったのだ
  • Hugブログ
コミハグを愛する編集部ブログ
  • ホームページ限定連載 異候。 マルヤマ木目
  • コミハグホームページ通販
簡単なお申込でクリックするだけ!
  • まんがこっち
どこでも読書
各モバイルサイトで好評配信中!!
  • BACK NUMBER
  • ドラマCD ホンキの恋罪
  • MESSIAHシリーズはこちら
  • コミコミスタジオ
Hug作品もこちらからも購入できます
  • 電子書店パピレス 電子書籍をお求めの方はこちら
  • 出版事業部メディエイション
  • ART JEUNESS アールジュネス
イラストレーターズイベント情報サイト